2021年6月1日火曜日

『社会主義』2021年6月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。


小笠原 福司■統治能力を失い暴走する菅政権

 

        特集 21春闘中間総括から今後の課題を考える

小池泰博■中小私鉄の「コロナ禍」春闘の現状

迫圭吾■「あたりまえ」の働き方に戻してはいけない

大沼元■JR東日本2021春闘における成果と課題

関厚■JP労組全国大会から21春闘を闘って

安食守■生涯賃金の復元目指した21春闘

石井敏郎■香川におけるコロナ禍2年目の連合春闘

 

中村ひろ子■ジェンダー平等の視点で見るコロナ禍

徳光清孝■新型コロナウイルス感染拡大から1

河島正典■批評「#島根の乱」から考える

角田政志■「トリチウム汚染水」の海洋放出

荒井宏行■市民と野党共闘で長野参院補選を戦って

福山権二■広島参院再選挙・市議会選挙から学ぶ

辻田純■その後のベネズエラ情勢について

2021年5月1日土曜日

『社会主義』2021年5月号

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。


立松潔■立ち遅れる日本の地球温暖化対策

        特集 護憲平和闘争の課題

八重樫千晶■今だからこそ憲法と子どもの権利条約を

大槻重信■安保・自衛隊の増強と戦略の迷走

亀永能布子■女たちの安保法制違憲訴訟

久保泉■公務労働者と労働基本権

芳賀和弥■対中国「民主主義」同盟の構築

 

北村巌■■成熟し始めた日本企業の海外進出

中島修■「新生社民党」の現状と課題

加世田和志■労働者の権利守り抜いた長崎バスユニオン

野中靖志■新型コロナ感染拡大による市民の実態

村山正栄■コロナ禍から見えてきた日本の医療の問題点

川村訓史■20年かけて読み終えた『資本論』

■全国代表者会議開催される

加藤繁秋■書評「資本主義と闘った男」

中村元氣■批評 新旧憲法考


2021年4月1日木曜日

『社会主義』2021年4月号

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。

吉田進■当面する政治闘争について

北村巌■コロナ禍における世界的株高をどう見るか?

 

        特集 地方から命と暮らしを守る課題を探る

山田厚■コロナ感染症災害は独占資本との闘い

酒井康弘■コロナ禍における道内経済の現状と課題

羽田圭二■「自助努力」「自己責任」にさせない政策提案を

樋口秀敏■スキーの街と新型コロナウイルス感染症

吉沢正博■命と暮らしを守る労働組合の役割と取り組み

 

猿田佐世■バイデン政権における対東アジア政策

中島章夫■世論調査から見る菅内閣の半年間

角田政志■「原発のない福島」を求めて

迫川浩英■馬毛島自衛隊基地建設反対闘争

青野大祐■初任者の公務災害認定請求に取り組んで

研究会■20年かけて読み終えた『資本論』全三巻

小正路淑泰■堺利彦生誕150年に寄せて

 


2021年3月9日火曜日

石河康国『櫛田民蔵』案内

 *石河康国氏より『櫛田民蔵』(社会評論社)案内が寄せられましたので、転載します。


マルクスヘの道を

泥臭く歩み続けた

壮絶な生涯をひも解く。

石河康国/著


いしこやすくに 著書に『労農派マルクス主義 理論・ひと・歴史』(上・下巻) 「マルクスを日本で育てた人 評伝・山川均」(1・2巻)『向坂逸郎評伝』(上・下巻)など多数ある。


 櫛田民蔵二八八五~一九三四)は、日本におけるマルクス経済学の開拓者である。その史的唯物論の探究は河上肇を曖目させ、大内兵衛をして業績を後世に伝えさせた。

 ブルジョア経済学との論争の火ぶたを切ったのは民蔵である。小泉信三など最先端の面々を、ほとんど一人で相手取って価値論争を展開した。戦線は河上肇の「価値人類犠牲説批判」から、地代・小

作料をめぐって野呂栄太郎らへと拡大した。

 櫛田民蔵が人々を惹きつけてやまないのは、マルクスへの道を泥臭く歩み続けたその人生である。一向に洗練されず、おもねらず、いわき地方の濃厚な土の匂いを感じさせ、マルクスと格闘した男の

壮絶な最期を、長谷川如是閑は「学徒としての殉職」と称しか。


主要目次

第1章 彷徨せる若者

第2章 社会政策のゆりかごの中で

第3章 古典派経済学とマルクス経済学

第4章『共産党宣言』と唯物史観に着目

第5章 河上肇の胸を借りて

第6章 唯物史観に沈潜

第7章 河上肇を越えて

第8章 マルクス派の分化のなかで

第9章 価値論争

第10章 河上肇との緊張と別れ

第11章  地代論争・小作料論争

第12章  早逝と定まる「値打ち」

A5判256頁 ISBN978-4-7845-1877-7

定価2750円(税込)





2021年3月1日月曜日

『社会主義』2021年3月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。

宝田公治■市民と野党の共闘深化に向けて

 

        特集 東日本大震災から10

田中信孝■震災復興財政の推移と諸課題

笹田隆志■原子力規制委員会新規制基準の重大欠陥

竹花邦彦■人間復興の視点にたち「心のケア」支援を

相山浩貴■「早期復興」「過剰予算」に押しつぶされる自治体職場

工藤昭彦■農業・農村の動向に見る震災復興の真実

紺野長人■拡大する格差・暮らしの復興への転換を

新妻浩■原発事故でのしかかる行政への負担に抗して

 

濱本哲■なぜ大阪の医療は「脆弱」になったのか

柳湖太郎■国家財政の現状と税制改革の課題

大谷竹人■自治体DXと次世代型行政サービスの課題

北川鑑一■無期契約労働と有期契約労働との格差

川上登■2021年度地方財政対策と地方自治体

菅原晃悦■批評 自民党綱領に基づく「自助」の概念


2021年2月5日金曜日

富士そば、労組幹部2人懲戒解雇

 富士そば、労組幹部2人懲戒解雇 未払い残業代巡り対立

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6384273


管理人が知らなかっただけかも知れませんが、富士そば労組は、なのはなユニオン加盟なのですね。労働者の生活と権利を守るため、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

2021年2月1日月曜日

『社会主義』2021年2月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。


伊藤修■労農派の持ち味は強靭に自立した思考である

田中信孝■コロナ危機に便乗した膨張予算

 

特集 コロナ禍における21春闘を闘う

太田哲郎■2021春闘で問われる連合運動の課題

小池泰博■私鉄21春闘方針と東北地連の課題

宮﨑浩則■JRにおける春闘をめぐる情勢と課題

山下和英■「新しい日常」に飲み込まれないために

石井敏郎■地域からの底上げ・底支えに全力を

 

平地一郎■ジョブ型雇用における対抗軸

大野明将■非常勤労働者自らの立ち上がりに学ぶ

戸塚秀樹■コロナ禍で改めて問われた公的・公立病院

武元四男■コロナ禍で生命と健康にこだわる

岡野勉■学校統廃合は「保健所」統廃合と同じだ

福島原発事故から10福島からの訴え 連載①,

佐藤龍彦■「くびき」からの解放をもとめて

山内覚■トリチウム汚染水で海を汚すな!

シンポジウム「今、山川菊栄が新しい!」報告

浅倉むつ子■性差別撤廃運動の新展開