2020年10月20日火曜日

『月刊労働組合』が2021年3月号で休刊

 ちょっと遅くなりましたが、『月刊労働組合』が2021年3月号で休刊することが、同誌2020年10月号で発表されました。たいへん残念なことです。

 以下、資料として「休刊のお知らせ」全文、同誌10月号表紙、「休刊のお知らせ」ページを転載いたします。


『月刊労働組合』休刊のお知らせ


 1967年から50年以上にわたり刊行をつづけてまいりましたが、2021年3月号の発行をもって休刊とさせていただくことを決定いたしました。

 長年にわたる部数の減少(購読組合数・組合員数の減少、読者の高齢化などにともなう)によって、財政的に維持することが非常に困難な状態となったからです。拡大の努力は各地で行っており、毎月のように増部もございますが、それを上回る減部がつづいています。


 加えて、今回の新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって労働組合などが主催する集会・学習会の中止や縮小があいつぎ、『月刊労働組合』だけでなく、労働大学調査研究所が監修する単行本や臨時増刊『ユニオンノート』などの売上も激減しています。

 このような状況の中で、これ以上事業を継続することができないと判断せざるを得なくなりました


  どうか定期購読者・取扱者のみなさまには、ご理解をお願いいたします。

 なお、2021年4月号以降の誌代をすでに前納されておられる方につきましては、振込先の銀行口座などをお聞きした上で返納いたします。

 また、希望される方には、返納分を、労働大学出版センターの他の刊行物の代金に充当していただくことも可能です。


   (「月刊労働組合」編集部)




2020年10月13日火曜日

第19回労働者運動資料室総会

 少し遅くなりましたが、10月3日にオンライン会議で行われた労働者運動資料室総会の報告です。役員は任期2年なので、今回は役員改選はありませんでした。


19回労働者運動資料室総会

 

〇開会あいさつ 議長選出(佐々木克巳会員) 総会成立の確認

 

19年度活動報告(201951日~2020430日)

 長坂学習会、中国研、山川菊栄研究、三池大災害犠牲者慰霊碑建設、アン・ラト公演『冬の時代』、社会労働資料センター総会、会報3号、労働者運動研究会パンフ『…検証』刊行

 

〇財政報告

 4243万円台の収支(寄付30万円余)

 

20年度活動計画

 ・113日 山川菊栄生誕130周年記念シンポジウム

 ・山川均パンフ「日本における社会主義の歩みと将来」⇒ 会報付録

 ・『向坂逸郎著作目録』の活用

 ・『ある女工記』DVD Book-葉山嘉樹『淫売婦』、小説から映画の普及

 ・マルエン選集のオンデマンド印刷の可能性・挑戦

 

〇予算案提起

 <会費1:寄付5>比率の改善、創立時の会員の補充

 

〇議決

 

〇懇談

 

2020年10月1日木曜日

『社会主義』2020年10月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。

立松潔■安倍退陣とコロナ危機

        特集 ポスト安倍政治を考察する

熊谷重勝■アベノミクスと独占の資本蓄積

伊藤周平■コロナ禍で明らかになった医療政策の課題

石橋友也■新型コロナウイルス第一波の検証と課題

飯島滋明■米国追随の軍事政策の破綻

 

鴨桃代■コロナ禍での非正規労働者の雇用を守る闘い

芳賀和弥■反動を押し返す転換点になるか?

大久保とおる■安倍の最後の防衛白書と「首相の談話」

金子哲夫■コロナ禍 様変わりした原水禁世界大会

羽田圭二■新型コロナ対策と自治体での議論から

坂本茂雄■実態把握から政策づくりと改革の具体化

五十嵐実■コロナ禍から命と生活を守る闘いに学ぶ

岡部勝也■Go Toトラベルでは観光地を救えない

2020年9月15日火曜日

三池闘争60年シンポジウムin関西

 「三池闘争60年シンポジウムin関西」

 

炭じん爆発と高次脳機能障害―今につづく闘い―

 

日時:10月17日(土)10時20分(開場10時) 17時30分終了

場所:大阪市立阿倍野区民センター

資料費:1000円

 

シンポジウム・チラシ PDF

 

プログラム

 

第1部(10時20分)

映画「ひだるか」上映

特別上映 港健二郎監督

     主演女優・岡本美沙さん

 

12時30分 昼食休憩

 

第2部(13時30分)

「1960年三池闘争から60年」講演・報告

映像『労働者は命まで売っていない』上映

講演 立山寿幸さん(元三池炭鉱労組書記次長)

報告 中西徹さん(編集者)

報告 上原康夫さん(弁護士)

 

15時 休憩

 

第3部(15時)

シンポジウム『炭じん爆発と高次脳機能障害』

コーディネーター 近藤雄二さん

パネラー 

東川絹子さん(関西炭鉱と記憶の会)

伊藤憲一さん(大牟田吉野病院労組書記長)

山口研一郎さん(医師)

 

17時30分 終了

 

三池闘争60年シンポジウムin関西実行委員会

電話 080-5309-1536

E-MAILnoguchi●my.zaq.jp

 *●を@になおしてください

◆三池から現代へ、現代から三池へ◆

 今から60年前、石炭から石油へのエネルギー政策の転換がおこなわれました。


 1960年、三池炭鉱では普通に働く労働者を「生産阻害者」とし、指名解雇した経営者に対し、「去るも地獄、残るも地獄」として三池闘争が闘われました。

 三池闘争は「職場に労働組合を」という働く者が自由に発言できるようにしようという、ささやかで、あたりまえの運動でした。それを経営者は「生産阻害者」の

名のもとに首切りを強行したのです。

               

 三池の闘いは、全国の労働者への共感と広がりを持ち、『総資本対総労働』の闘いへと発展したのでした。三池闘争が終結するやいなや、経営者は生産第一のすさまじい合理化を強行したのです。本来、労働者の生命を守るべき職場の人員配置を極度に減らし、生産のみに奔走した結果、三川坑炭じん爆発という大惨事をひきおこし、死者458名、脳に障害を起こす一酸化炭素中毒患者839名の犠牲者を出したのです。この患者と家族の闘いは、抗議行動・裁判闘争・厚労省交渉など、今日まで続けられていますが、いまだもって経営者側の誠意ある謝罪は示されていません。


 一酸化炭素中毒後遺症については、2005年から隔年で開催されている「三池高次脳機能障害シンポジウム」に結実され、交通事故等による50万人ともいわれる高次脳機能障害問題と直結しています。今回の取組では、この高次脳機能障害の問題を中心に、三池闘争と結びつく労働運動の課題、そして徴用工問題にみられる炭鉱労働との関わり等を提起していきたいと思います。


 今回の催しが、三池闘争60年目の節目にあたり、人として生きる意味を考え現代から三池に呼びかけるものは何か、三池から現代に呼びかけるものが何なのかを考える機会になればと思います。この集会のメイン企画として、現地大牟田の吉野病院(旧大牟田労災病院)労組の伊藤憲一書記長をお招きして一緒に何なのかを考える機会にしていきたいと思います。

 このシンポジウムの構成が、長い時間多岐にわたりますが、実行委員会一同真摯に取り組んでいきたいと思います。皆様のご賛同とご参加をよろしくお願いします。

http://nicchubutai.sa-kon.net/myweb2_034.htm



2020年9月8日火曜日

労働者運動資料室サイト更新

本日、労働者運動資料室HP(本体)を更新しました。 


●文献・資料に、社青同第十一回大会宣言、社青同第十二回大会宣言、を掲載しました。

●会報ページに45号(2020.9.1)を掲載しました。

瀬戸宏 丸川知雄氏の向坂逸郎評価について
井上輝子 伊藤セツ著『山川菊栄研究』新刊紹介(『学苑』2020年3月より転載)
石田真 石井保雄著『わが国労働法学の史的展開』(『大原社会問題研究所雑誌』2020年4月より転載)
河上和彦 21世紀の現実にマルクスの認識方法は生きているか

次回は2021年1月発行の予定です。

 ●リンク集に、Women's action network(認定特定非営利活動法人ウィメンズ アクション ネットワーク WAN)を追加しました。また廃止サイトを削除しました。

 ページ添付ファイルを収納していたヤフーボックスが9月1日で機能停止(正確にはファイル共有・公開停止)になり、マイクロソフト・ワンドライブに移動中です。ファイル数が膨大なため移動が間に合わないファイルのダウンロードを希望してダウンロードできない人は、管理人までご連絡ください。折り返しファイルを返送します。

2020年9月1日火曜日

『社会主義』2020年9月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。

小笠原福司■今こそ命と暮らしを守る政治実現へ

 

特集 三池・安保闘争から60年と今日の課題

沖克太郎■再び大災害起こさないため原因と責任明らかに

松永裕方■三池闘争と「向坂教室」

善明建一■独占資本を震撼させた三池の職場闘争

大槻重信■日米安保体制の強化と動揺

 

森岡利文■大阪都構想の狙いとその動向

鈴木肇■コロナ禍における医療現場の現状

田中信孝■「コロナ禍」の財政問題

鈴木靖■コロナ禍「労働者の権利闘争」をめぐる課題

太田哲郎■ジョブ型雇用とは何か

佐藤礼次■『山川均全集』の月報から

瀬戸宏■『中国は社会主義か』を読む

藤岡一雄■批評 「敵基地攻撃能力」と日本の方向


 


2020年8月29日土曜日

山川菊栄生誕130周年記念シンポジウム

 山川菊栄記念会とI女性会議が主催する山川菊栄生誕130周年記念シンポジウムがZOOMによるリモート開催で11月3日(火・祝)午後2時~4時半におこなわれます。

ZOOM参加者は先着100人、ライブでの視聴は先着10人で参加できます。どちらも参加費は無料ですが、事前申込をお願いします。

申込先:kikuegender●yahoo.co.jp  (9月30日締切) *●を@にかえてください。

問い合わせ先は、山川菊栄記念会 〒251-0032 藤沢市片瀬360-10 B-307

e-mail:y.kikue●shonanfujisawa.com *●を@にかえてください。

電話:090-2165-4038

ライブ会場は東眞ビル3階スペース均等 文京区本郷2-27-2


O「今、山川菊栄が新しい!」

 最近、山川菊栄が注目されている。山川菊栄は、戦前戦後を通じて活躍した社会主義フェミニストであり、女性の労働権を軸に、女性が直面する諸差別が近代社会の構造に起因することを理論的に解明し、変革の指針を示し続けた先輩である。コロナ禍で浮かび上がった諸差別の撤廃に向けて、山川菊栄の思想と活動の軌跡を読み継ぎたい。


プログラム

基調講演

 鈴木裕子(山川菊栄記念会)

 「日本フェミニズム史上における山川菊栄」

シンポジウム

 司会:井上照子 (山川菊栄記念会代表)

 ・伊藤セツ(昭和女子大学名誉教授)

 「国際的視野に立つ社会主義女性論の論客としての山川菊栄」

・豊田眞穂(早稲田大学文学学術院教授)

 「労働省婦人少年局と山川菊栄」

・浅倉むつ子(早稲田大学法科大学院名誉教授・山川菊栄記念会)

 「性差別撤廃運動の新展開」

・参加者の発言

当初、東京に会場をとって開催を予定していましたが、東京の会場は10人にしぼり、地方の方々にZOOMによって参加していただく形にしました。東京会場の東眞ビルは、地下鉄丸ノ内線及び大江戸線「本郷三丁目」下車徒歩5分です。 ZOOM ・ 会場参加のいずれも事前申込制。





*9月1日チラシ追加