2021年1月5日火曜日

労働者運動資料室HP更新

明けましておめでとうございます。21世紀も20年代に入りました。今年最初の更新として、下記の文献追加などを行いました。 

文献・資料に、社青同第二回大会アッピール、社青同第三回大会宣言、社青同第五回大会宣言を掲載しました。今回以後も社青同関係文献の掲載を重点的に続けていきます。

 
研究・論評に、座談会「ソ連東欧社会主義崩壊をめぐって」を掲載しました。『社会主義』1997年12月増刊号(第416号)掲載のもので、伊藤修、杉田憲道、瀬戸宏、津野公男、細井雅夫、山崎耕一郎各氏が参加した長文の座談会です。
 
リンク集に、政権政策研究会、現代労働組合研究会を追加しました。また消滅したサイトを整理・削除しました。

今後も無理のない頻度で更新を続けていきますので、よろしくお願いします。

2021年1月1日金曜日

『社会主義』2021年1月号

 明けましておめでとうございます。『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。


立松潔■コロナ禍の打撃と自己責任論克服への課題

 

        特集 世界と日本の経済・政治・労働

北村巌■コロナ禍からの回復待つ世界経済

善明建一■バイデン大統領誕生で急転換する世界政治

村本成一郎■コロナ禍における欧州労働運動

平地一郎■ポスト・コロナ時代の日本経済・社会

飯山満■日本の政治情勢の特徴と課題

中堀功一■原点回帰で粘りづよく組織しよう

 

63■=2021年を迎えて=

        野党共闘の力で政権交代を実現しよう

福島みずほ(社民党)/神津里季生(連合)/藤本泰成(平和フォーラム)/川本淳(自治労)/松川聡(国労)/近藤和樹(社青同)/中村ひろ子(I女性会議)/小川研(労大出版センター)

 

浅田保雄■格差社会打破・地域から反独占の闘いを

 

        シンポジウム「今、山川菊栄が新しい!」報告

伊藤セツ■国際的視野に立つ社会主義女性論の論客としての山川菊栄

豊田真穂■労働省婦人少年局と山川菊栄

 

栗村英昭■批評 維新市政合理化のツケがコロナで露呈