ページ

2017年2月1日水曜日

『社会主義』2017年2月号目次

一冊600円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。
 ---------------------------------------------------------------------------
『社会主義』2017年2月号目次

巻頭言 吉田進■来る解散総選挙にむけて

特集 4年連続ベア獲得をめざす17春闘
須藤真介■連合2017春季生活闘争方針の検討
佐古正明■私鉄総連17春闘方針(案)を考える
大山孝義■春闘を自らの課題として取り組むために
鈴木朗■地方から「格差是正・底上げ」17春闘を闘う
原田和明■地域共闘強化で連合方針の実現を

田中信孝■政策破綻をとり繕う連続大規模予算
近藤和樹■青年労働者の現状と闘いの課題を考える
中村ひろ子■女性の立場から春闘要求に載せたい課題
武藤聡■同一労働同一賃金の原則
菅谷毅■鹿嶋市における嘱託職員組織化の取り組み
田村英夫■批評 貧困と格差拡大が「経済的徴兵制」の基盤に
瀬戸宏■書評 『革新自治体』 革新自治体の記憶とその教訓をさぐる

0 件のコメント: