ページ

2011年6月20日月曜日

『「資本論」から社会の仕組みを学ぶ』紹介

 社青同関係出版物で、次の本を紹介します。
「資本論」から社会の仕組みを学ぶ
著者 川村訓史
発行:「青年の声」埼玉総局 2004年2月刊
〒330-0063 さいたま市浦和区高砂3-37-5埼玉社会文化会館一階
電話 048-824-6400 FAX 048-824-6597
e-mail seinen @mc.neweb.ne.jp
*スパンメール防止のため@の前を一字空けています。実際のメールアドレスには空きはありません。
A4版 134P
定価  1000円
印刷所 有限会社合谷印刷所 
「青年の声」連載を「青年の声」埼玉総局(社青同埼玉地本)が一冊にまとめたもので、膨大かつ難解な『資本論』の内容が二十六章に分けてわかりやすくまとめられています。著者の川村訓史氏は日本DDR友好協会、社会党・社民党埼玉県連を経て現在は国会議員秘書です。
刊行物に戻る
http://www5f.biglobe.ne.jp/~rounou/myweb1_007.htm

0 件のコメント: