2021年3月9日火曜日

石河康国『櫛田民蔵』案内

 *石河康国氏より『櫛田民蔵』(社会評論社)案内が寄せられましたので、転載します。


マルクスヘの道を

泥臭く歩み続けた

壮絶な生涯をひも解く。

石河康国/著


いしこやすくに 著書に『労農派マルクス主義 理論・ひと・歴史』(上・下巻) 「マルクスを日本で育てた人 評伝・山川均」(1・2巻)『向坂逸郎評伝』(上・下巻)など多数ある。


 櫛田民蔵二八八五~一九三四)は、日本におけるマルクス経済学の開拓者である。その史的唯物論の探究は河上肇を曖目させ、大内兵衛をして業績を後世に伝えさせた。

 ブルジョア経済学との論争の火ぶたを切ったのは民蔵である。小泉信三など最先端の面々を、ほとんど一人で相手取って価値論争を展開した。戦線は河上肇の「価値人類犠牲説批判」から、地代・小

作料をめぐって野呂栄太郎らへと拡大した。

 櫛田民蔵が人々を惹きつけてやまないのは、マルクスへの道を泥臭く歩み続けたその人生である。一向に洗練されず、おもねらず、いわき地方の濃厚な土の匂いを感じさせ、マルクスと格闘した男の

壮絶な最期を、長谷川如是閑は「学徒としての殉職」と称しか。


主要目次

第1章 彷徨せる若者

第2章 社会政策のゆりかごの中で

第3章 古典派経済学とマルクス経済学

第4章『共産党宣言』と唯物史観に着目

第5章 河上肇の胸を借りて

第6章 唯物史観に沈潜

第7章 河上肇を越えて

第8章 マルクス派の分化のなかで

第9章 価値論争

第10章 河上肇との緊張と別れ

第11章  地代論争・小作料論争

第12章  早逝と定まる「値打ち」

A5判256頁 ISBN978-4-7845-1877-7

定価2750円(税込)





2021年3月1日月曜日

『社会主義』2021年3月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。

宝田公治■市民と野党の共闘深化に向けて

 

        特集 東日本大震災から10

田中信孝■震災復興財政の推移と諸課題

笹田隆志■原子力規制委員会新規制基準の重大欠陥

竹花邦彦■人間復興の視点にたち「心のケア」支援を

相山浩貴■「早期復興」「過剰予算」に押しつぶされる自治体職場

工藤昭彦■農業・農村の動向に見る震災復興の真実

紺野長人■拡大する格差・暮らしの復興への転換を

新妻浩■原発事故でのしかかる行政への負担に抗して

 

濱本哲■なぜ大阪の医療は「脆弱」になったのか

柳湖太郎■国家財政の現状と税制改革の課題

大谷竹人■自治体DXと次世代型行政サービスの課題

北川鑑一■無期契約労働と有期契約労働との格差

川上登■2021年度地方財政対策と地方自治体

菅原晃悦■批評 自民党綱領に基づく「自助」の概念


2021年2月5日金曜日

富士そば、労組幹部2人懲戒解雇

 富士そば、労組幹部2人懲戒解雇 未払い残業代巡り対立

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6384273


管理人が知らなかっただけかも知れませんが、富士そば労組は、なのはなユニオン加盟なのですね。労働者の生活と権利を守るため、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

2021年2月1日月曜日

『社会主義』2021年2月号目次

 『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。


伊藤修■労農派の持ち味は強靭に自立した思考である

田中信孝■コロナ危機に便乗した膨張予算

 

特集 コロナ禍における21春闘を闘う

太田哲郎■2021春闘で問われる連合運動の課題

小池泰博■私鉄21春闘方針と東北地連の課題

宮﨑浩則■JRにおける春闘をめぐる情勢と課題

山下和英■「新しい日常」に飲み込まれないために

石井敏郎■地域からの底上げ・底支えに全力を

 

平地一郎■ジョブ型雇用における対抗軸

大野明将■非常勤労働者自らの立ち上がりに学ぶ

戸塚秀樹■コロナ禍で改めて問われた公的・公立病院

武元四男■コロナ禍で生命と健康にこだわる

岡野勉■学校統廃合は「保健所」統廃合と同じだ

福島原発事故から10福島からの訴え 連載①,

佐藤龍彦■「くびき」からの解放をもとめて

山内覚■トリチウム汚染水で海を汚すな!

シンポジウム「今、山川菊栄が新しい!」報告

浅倉むつ子■性差別撤廃運動の新展開

2021年1月28日木曜日

労働者運動資料室HPの紹介

 一月のHP更新で現代労働組合研究会をリンク集に加えたところ、管理者の方のブログ「ある編集者のブログ」で紹介されました。少し前に気がつきました。

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-3cbd0c.html


労働者運動資料室のような地味なHPが注目されるのは嬉しいことです。ありがとうございます。


ただブログに、このページを長らく編集していたのは「山崎耕一郎さん」だったはず。 とあるのは違います。山崎耕一郎さんは労働者運動資料室の創設者で中心メンバーでしたが、率直に言ってメカ、情報関係には明るい人ではありませんでした。労働者運動資料室HPは、開始から今日まで、基本的に管理人の私一人で管理運営しています。


2021年1月5日火曜日

労働者運動資料室HP更新

明けましておめでとうございます。21世紀も20年代に入りました。今年最初の更新として、下記の文献追加などを行いました。 

文献・資料に、社青同第二回大会アッピール、社青同第三回大会宣言、社青同第五回大会宣言を掲載しました。今回以後も社青同関係文献の掲載を重点的に続けていきます。

 
研究・論評に、座談会「ソ連東欧社会主義崩壊をめぐって」を掲載しました。『社会主義』1997年12月増刊号(第416号)掲載のもので、伊藤修、杉田憲道、瀬戸宏、津野公男、細井雅夫、山崎耕一郎各氏が参加した長文の座談会です。
 
リンク集に、政権政策研究会、現代労働組合研究会を追加しました。また消滅したサイトを整理・削除しました。

今後も無理のない頻度で更新を続けていきますので、よろしくお願いします。

2021年1月1日金曜日

『社会主義』2021年1月号

 明けましておめでとうございます。『社会主義』最新号目次です。一冊620円。紀伊國屋書店新宿本店、大阪・清風堂書店で販売中。社会主義協会でも取り扱っています。


立松潔■コロナ禍の打撃と自己責任論克服への課題

 

        特集 世界と日本の経済・政治・労働

北村巌■コロナ禍からの回復待つ世界経済

善明建一■バイデン大統領誕生で急転換する世界政治

村本成一郎■コロナ禍における欧州労働運動

平地一郎■ポスト・コロナ時代の日本経済・社会

飯山満■日本の政治情勢の特徴と課題

中堀功一■原点回帰で粘りづよく組織しよう

 

63■=2021年を迎えて=

        野党共闘の力で政権交代を実現しよう

福島みずほ(社民党)/神津里季生(連合)/藤本泰成(平和フォーラム)/川本淳(自治労)/松川聡(国労)/近藤和樹(社青同)/中村ひろ子(I女性会議)/小川研(労大出版センター)

 

浅田保雄■格差社会打破・地域から反独占の闘いを

 

        シンポジウム「今、山川菊栄が新しい!」報告

伊藤セツ■国際的視野に立つ社会主義女性論の論客としての山川菊栄

豊田真穂■労働省婦人少年局と山川菊栄

 

栗村英昭■批評 維新市政合理化のツケがコロナで露呈